「片付け」の読み方と意味とは?「かたづけ」と「かたずける」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「片付け」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「片付け」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「片付け」の正しい読み方は「かたづけ」と「かたずける」どちら

使ったものが床に散らばっているとき、元の位置に戻して部屋をきれいにする行為を「片付け」【かたづけ】といいます。

机の上で作業した後、上にのっているものをすべて元に戻し、また快適に使えるようにするという意味があるわけです。

そして、まぶたを閉じていてもさっと手を伸ばせばすぐ届く位置に目当てのものが取れるようにしておきます。

正しい読み方の結論

訓読みで「片」「カタ」といい、「付け」「つけ」となるため、この二つの漢字を掛け合わせて「片付け」「かたづけ」と読むわけです。

「片」の意味は「かた」「かたわれ」で、「付け」「つける」「わたす」といった意味合いがあります。

もう一方の「かたずける」は漢字に変換しても「片付け」にはなりません。

「片付け」と書くときは「かたづける」とは読まないので、「かたづけ」が一般的な読み方になります。

「片付け」の意味

いつもの場所に必要なものをおいたり、すぐ使えるよう見やすい所へ「片付け」ておけばすばやく行動ができるようになります。

そのため、無駄な動きをしなくても済むわけです。

部屋の中が物で溢れ返っているよりも、すっきり物がない状態にしておけばいつでもすぐに目当てのものを取り出せて、使えるようになるのが「片付け」の目的になります。

「片付け」の言葉の使い方や使われ方

・『応接間の片付けして、来客を気持ちよく出迎えた』
・『部屋の片付けをして気持ちを入れ替えて勉強する』
・『上司が積み上げられた書類を片付けるように指示してきた』

まとめ

部屋をいつも気持ち良く使えるようにするには、定期的に「片付け」をしておくことが大事です。

うまく箱やケースなどを使って自分がどこに何を収納したかが分かるようにしておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました