「理論」の読み方と意味とは?「りろん」と「おさむろん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「理論」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「理論」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「理論」の正しい読み方は「りろん」と「おさむろん」どちら

「理論」の読み方として想定できるものに、「りろん」「おさむろん」があります。

「りろん」「おさむろん」の二つの読み方のうち、「理論」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「理論」の正しい読み方の結論は、「りろん」が正しい読み方になります。

「理論」の言葉に使われている「理」という漢字の訓読みは人名漢字としての「おさむ」、音読みは「り」です。

ただし「理論」の名詞においては、一般的な音読みの「り」が使われて、「おさむ」という読み方はしません。

そのため、「理論」「おさむろん」と読むのは明らかな読み間違えであり、「おさむろん」という日本語自体も存在しないのです。

「理論」の意味

「理論」の意味は、「ある現象について、論理整合的あるいは法則的に説明できるように各種データなどを根拠にして組み立てられた知識や認識の体系」を意味しています。

「理論」というのは、「実験データや観察事象などを根拠にして、ある出来事を論理的あるいは経験的に説明できるようにしたセオリー(知識体系)」を示唆している名詞なのです。

「理論」の言葉の使い方や使われ方

「理論」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『大学の理学部では、数え切れないほどの理論を学んだり検証したりしてきました』
・『彼は経済界では理論派の投資家として知られていましたが、株式市場のリアルな動きを完全に予測することはできませんでした』
・『人生の重要なターニングポイントでは、理論だけでも経験だけでも正しい判断を下すことはできないのです』

まとめ

この記事では、「理論」の正しい読み方「りろん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「理論」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました