「瑕疵担保責任」の読み方と意味とは?「かしたんぽせきにん」と「かぴたんぽせきにん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「瑕疵担保責任」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「瑕疵担保責任」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「瑕疵担保責任」の正しい読み方は「かしたんぽせきにん」と「かぴたんぽせきにん」どちら

「瑕疵担保責任」の読み方として推測できるものに、「かしたんぽせきにん」「かぴたんぽせきにん」があります。

「かしたんぽせきにん」「かぴたんぽせきにん」の二つの読み方のうち、「瑕疵担保責任」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「瑕疵担保責任」の正しい読み方の結論は、「かしたんぽせきにん」が正しい読み方になります。

「瑕疵担保責任」を構成している「瑕疵」という言葉の読み方は「ミス」を意味する「かし」であり、「かぴ」という読み方をすることはありません。

そのため、「瑕疵担保責任」「かぴたんぽせきにん」と読むのは、明らかな誤読なのです。

「瑕疵担保責任」の意味

「瑕疵担保責任」の意味は、「主に不動産を売った後、普通では気づきにくい欠陥や問題が見つかった場合に、売り手が負担しなければならないとされている責任」のことを意味しています。

「瑕疵担保責任」というのは、「売却後に見つかった瑕疵(欠陥)について、売主が修理したり補償したりすべき責任」を指しています。

「瑕疵担保責任」の言葉の使い方や使われ方

「瑕疵担保責任」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『住み始めてからすぐに湯沸かし器が故障して使えなくなったので、瑕疵担保責任を追及することにしました』
・『民法で規定されている瑕疵担保責任の主な果たし方は損害賠償か契約解除になります』
・『雨漏りやシロアリ被害の対応などについて、FRK(不動産流通経営協会)が認めているのは三ヶ月以内の申請に限られます』

まとめ

この記事では、「瑕疵担保責任」の正しい読み方「かしたんぽせきにん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「瑕疵担保責任」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました