「産卵」の読み方と意味とは?「さんらん」と「さんたま」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「産卵」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「産卵」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「産卵」の正しい読み方は「さんらん」と「さんたま」どちら

漢字で書く機会が少ない言葉は、漢字で書かれると読み方がわからないことがあります。

では「産卵」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「さんらん」です。

「産」は音読みでは「サン」、訓読みでは「うむ」「うまれる」「うぶ」です。

子をうむ、物をうみ出す、うぶという意味を持っています。

「卵」は音読みでは「ラン」、訓読みでは「たまご」です。

「卵」という漢字は、たまごという意味を持っています。

「卵」「鶏の卵」「生卵」など、普段「たまご」と読むことが多いと思います。

そのため「産卵」「さんたま」と読みたくもなりますが、正しい読み方は「さんらん」です。

また「卵」「たま」ではなく「たまご」なので、「さんたま」ではなく、「さんたまご」となることでしょう。

しかし、「さんたまご」という読み方もしません。

「産卵」の意味

卵をうむことという意味です。

鳥類、魚類、両生類、昆虫などが卵を産みます。

人間は鳥類に分類される鶏の卵や、魚類に分類されるサケの卵などを食べています。

鶏の卵には、タンパク質、亜鉛、鉄分などさまざまな栄養素が含まれています。

生物によって卵の形は違い、鳥類は固い殻に守られていて、魚類の卵には固い殻は存在していません。

「産卵」の言葉の使い方や使われ方

・『メダカが産卵するところを観察する』

まとめ

この言葉は「さんらん」が正しい読み方です。

「卵」「たま」「たまご」と読みたくなりますが、正しくは「さんらん」です。

生物が卵をうむことという意味を持っています。

タイトルとURLをコピーしました