「異存」の読み方と意味とは?「いぞん」と「いそん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「異存」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「異存」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「異存」の正しい読み方は「いぞん」と「いそん」どちら

異存の漢字を見た人の中には、いそんと読んでしまう人もいたりするものです。

確かに最初の異の漢字には、いという読みがあるし、次の存の漢字も、存在といった漢字を見れば分かる様に、そんという読みを持っています。

お陰でそれら2つの漢字の読みを合体させる事で、異存を、いそんと読んでしまうのです。

所が実際は、異存は、いそんと読むのは間違いで、いぞんと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

異存は、いぞんと読むのが正解な言葉です。

そもそも異の漢字には普通に、いという読みがあるし、後に続く存の漢字にも、そん以外に、ぞんという読み方が存在しています。

そのため異の漢字の、い読みと、存の漢字の、ぞん読みを組み合わせる事によって異存は、いぞんと読む事が可能です。

「異存」の意味

異存は、他と違っているやことなるといった意味がある異の漢字に、思うとか、現にあるといった意味を有する存の漢字を付け加える事により、完成した言葉となっています。

以上の事から異存は、異なった考えや反対の意見といった意味を示すのです。

「異存」の言葉の使い方や使われ方

・『ご提案頂いたプランに関して異存ありません』
・『世間では疑惑の判定と言われていますが、私自身はその判定に異存はないです』
・『社長の下した決定に、社員一同異存はありません』

まとめ

異の漢字はそのまま、いと読めるし、存の漢字は、そんと読む事が出来ます。

ですがその2つの読みを合体させて異存の漢字を、いそんと読むのは誤りです。

異存は、いそんではなく、いぞんと読むべき言葉となっています。

そんな異存は、他と違った考えや不服な気持ち、反対意見といった意味を表現する際に、使用すべき言葉です。

タイトルとURLをコピーしました