「疎い」の読み方と意味とは?「うとい」と「そい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「疎い」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「疎い」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「疎い」の正しい読み方は「うとい」と「そい」どちら

「疎い」の読み方として想定できるものに、「うとい」「そい」があります。

「うとい」「そい」の二つの読み方のうち、「疎い」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「疎い」の正しい読み方の結論は、「うとい」が正しい読み方になります。

「疎い」の形容詞に使われている「疎」という漢字の音読みは「ソ」、訓読みは「うとい・おろそか」です。

「疎い」という形容詞の言葉においては、「疎」の漢字を音読みの「ソ」と読むことはありません。

そのため、「疎い」「そい」と読むのは、明らかな読み間違えとして判断することができるのです。

「疎い」の意味

「疎い」の意味は、「その相手と親しくなくて疎遠であるさま」を意味しています。

「疎い」のもう一つの意味は、「ある物事・現象についてよく知らないこと」「ある事象についての知識・理解がほとんどないさま」になります。

「疎い」の古語的な意味として、「興味関心がない」「間抜けで愚劣なさま」も指摘できます。

「疎い」の言葉の使い方や使われ方

「疎い」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『新しいスマホには疎いので、新型のiPhoneのナンバリングが14であることもさっき知りました』
・『学生時代の親友とは10年近く会っておらず、いつの間にか疎くなっています』
・『年を取っておじさんやおばさんになると、どうしても若者文化や流行のお店などには疎くなります』

まとめ

この記事では、「疎い」の正しい読み方「うとい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「疎い」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました