「百目鬼」の読み方と意味とは?「どうめき」と「ちゃくめき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「百目鬼」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「百目鬼」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「百目鬼」の正しい読み方は「どうめき」と「ちゃくめき」どちら

「百目鬼」には主に2つの読み方があります。

1つ目は「どうめき」で、熟字訓という読み方です。

熟字訓とは、2文字以上の漢字(熟字)に、本来の意味をあてはめて普段使わない読み方をする文法です。

2つ目は「どめき」で、こちらも熟字訓です。

「百目鬼」は地名・人名に使われる言葉で、地方により読み方が様々です。

辞書に載っていませんが、「とどめき・ももめき・ひゃくめき」などの読み方もあります。

ただし、「ちゃくめき」という読み方は知られていません。

正しい読み方の結論

「百目鬼」の正しい読み方は「どうめき」「どめき」です。

「ちゃくめき」とは読みません。

読み方により意味が違ってきます。

「百目鬼」の意味

「百目鬼」は、「栃木県宇都宮市にある地名」「難読の人名」という意味です。

「百目鬼」は、千年以上も昔の伝説に出てきた鬼の名前です。

平将門の乱に派遣された藤原藤太秀郷が、現在の宇都宮市にさしかかった時に、突然白髪の老人が現れて「大曾村に悪鬼があらわれるので待つ様に」と言いました。

秀郷が大曾村へ行くと、身の丈3メートル余り、手には百の目を持つ「百目鬼」が現れたのです。

しかし秀郷は見事な弓矢の腕で「百目鬼」を退治します。

そこから、人々はその土地を「百目鬼(どうめき)」と呼ぶようになったとのことです。

「百目鬼」の言葉の使い方や使われ方

「百目鬼」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『宇都宮市の百目鬼通りは観光名所になっている』
・『隣の部署に百目鬼さんという名字の女性がいる』
・『百目鬼伝説を知って土地に興味を持つ様になる』

まとめ

今回は「百目鬼」の読み方について紹介しました。

「百目鬼」の正しい読み方は「どうめき」「どめき」で、「ちゃくめき」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました