「皇族」の読み方と意味とは?「こうぞく」と「おうぞく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「皇族」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「皇族」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「皇族」の正しい読み方は「こうぞく」と「おうぞく」どちら

「皇族」「こうぞく」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「皇」の音読みは「こう・おう」、訓読みは「きみ・すめらぎ」「族」の音読みは「ぞく」、訓読みは「やから」です。

「おうぞく」「王族」と書き、別の語です。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「皇族」の正しい読み方は「こうぞく」です。

「おうぞく」とは読みません。

「皇族」の意味

「皇族」とは、「天皇の家柄の人々」という意味です。

天皇を除く、「皇后・太皇太后・皇太后・親王・親王妃・内親王・王・王妃・女王」が含まれます。

この場合の「王・王妃・女王」「三世以下の嫡男系子孫」のことです。

「皇」の漢字は、「王」の上に「白い玉」の飾りが載っていることを表し、王より更に偉い天子の意味もあります。

ここから日本では「天皇」として使われる様になりました。

「族」「祖先を同じくする者の集団」という意味から転じて「家柄」という意味です。

「皇族」の言葉の使い方や使われ方

「皇族」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『新年に皇居の一般参賀で皇族の方々が手を振られる』
・『皇族の方々は身のこなしに品格が漂う』
・『女性皇族の方々身に付けるローブデコルテが羨ましい』

まとめ

今回は「皇族」の読み方について紹介しました。

「皇族」の正しい読み方は「こうぞく」で、「おうぞく」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました