「直向き」の読み方と意味とは?「ひたむき」と「ちょくむき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「直向き」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「直向き」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「直向き」の正しい読み方は「ひたむき」と「ちょくむき」どちら

「直向き」「直」は、音読みで「チョク」「ジキ」、訓読みで「ただ(ちに)」「なお(す)」「ひた」などと読みます。

また「向」は、音読みで「コウ」、訓読みで「む(かう)」「む(く)」などとなります。

「直」「向」を訓読みにすると、「ひたむき」と読むことができます。

一方、「直」を音読み、「向」を訓読みで読むと、「ちょくむき」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「直向き」「ひたむき」と読みます。

「直向き」「ちょくむき」ではなく、「ひたむき」と読むようにしましょう。

「直向き」の意味

「直向き」とは、専(もっぱ)ら一つのことだけに心を向けて熱中する様子のことを言います。

「直向き」「直」は、「なおす」「まっすぐ」「ひた」などを意味しています。

また「向」は、「むこう」「むき」「むく」などを表しています。

そのため、「直向き」は漢字の意味から見ると、「真っ直ぐ向く」と言うような意味合いになります。

「直向き」の言葉の使い方や使われ方

・『彼女は好きなことに対しては、直向きに情熱を燃やすことができます』
・『彼の真剣で直向きな姿を見て、エールを送りたくなりました』
・『直向きで一生懸命に子育てをしている野鳥の姿に感動しました』

まとめ

「直向き」と似た意味の語としては、「一途(いちず)」「一筋(ひとすじ)」「真摯(しんし)」などが挙げられます。

また、「直向き」と反対の意味を持つ語では、「怠惰(たいだ)」「怠慢(たいまん)」「無精(ぶしょう)」などがあります。

「直向き」「ちょくむき」ではなく、「ひたむき」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました