「看過」の読み方と意味とは?「かんか」と「かか」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「看過」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「看過」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「看過」の正しい読み方は「かんか」と「かか」どちら

「看過」は少し難しい言葉ですが、読み方は「かんか」「かか」のどちらが正しいのでしょうか。

正しい読み方の結論

「看過」の正しい読み方は「かんか」です。

漢字の「看」は音読みで「カン」と読みますが「カ」と読むことはありません。

そのため「看過」「かか」と読むと間違いになります。

「看過」の意味

「看過」には「見るべきものを見逃すこと、大目に見ること」という意味があります。

漢字の「看」「見守る」「注意して見る」という意味があり、「過」には「すぎる」という意味があります。

このことから「看過」「見過ごす」という意味を持ち、さらに「過」には「誤る」という意味があることから「看過」「見るべきものがあったのに誤って見過ごしてしまう」という意味を持つようになります。

具体的には「誤って見落とすこと」を意味するほか「良からぬ状況を知っていながら大目に見る、放っておく」という意味を表す時にこの言葉が使われます。

類語は「見過ごし」「知らんぷり」です。

見過ごすことは「看過する」と表現できますが「看過」という言葉自体に堅苦しい印象があるため、日常会話では「見過ごす」「知らんぷりする」など類語に言い換えても良いでしょう。

「看過」の言葉の使い方や使われ方

・『社内の不正や不祥事を看過すべきではない』
・『些細な副作用も看過してはいけない』
・『1ミリ程度のずれは看過して差し支えない』

まとめ

「看過」は見るべきものを見逃すことを意味し「かんか」と読みます。

ビジネスシーンで使うことのある言葉なので、正しい読み方を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました