「私利」の読み方と意味とは?「しり」と「しとし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私利」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私利」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私利」の正しい読み方は「しり」と「しとし」どちら

私利の漢字を見て、しとしと読んでしまう人が中にはいるものです。

確かに最初の私の漢字は、私有地といった言葉を見れば分かる様に、しという読みがあるし、後ろの利の漢字も、としという読み自体は持っているのです。

そのためそれら2つの漢字の読みを合わせて、私利を、しとしと読んでしまう事は、理解出来なくもありません。

所が残念ながら、私利の漢字を、しとしと読むのは間違いで、しりと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

私利は、しりと読むべき言葉です。

そもそも私の漢字には普通に、しという読みがある上に、利の漢字も、としという読み以外にも、利用といった言葉を見れば理解出来る様に、りという読みがあります。

だからこそ私の漢字のし読みと、利の漢字のり読みとを組み合わせる事で、私利は、しりと読めるのです。

「私利」の意味

私利は、公ではない個人の立場やわたくしといった意味を持っている私の漢字に、好都合であるとか、儲けといった意味を所有している利の漢字を、付け加える事によって誕生した言葉となっています。

以上の事から私利は、自分の利益を表すのです。

「私利」の言葉の使い方や使われ方

・『彼が私利を図るとは意外でした』
・『己の私利私欲のために他者を傷つけるなんて、言語道断です』
・『策を弄してまで私利を図るなんて非常に残念です』

まとめ

私の漢字には、しという読みがあるし、利の漢字にも、としという読みはあります。

ですがそれらの漢字の読みを繋げて、私利を、しとしと読むのは誤りです。

私利の漢字は、しとしではなく、しりと読むのが正解な言葉となっています。

そんな私利は、個人的な利益といった意味を表す際に、使用される言葉です。

タイトルとURLをコピーしました