「私物」の読み方と意味とは?「しぶつ」と「しもの」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私物」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私物」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私物」の正しい読み方は「しぶつ」と「しもの」どちら

私物の漢字を見て、しものという読み方をする人が中にはいるものです。

確かに私の漢字は、私有地といった言葉を見れば分かる様に、しという読みがあるし、後ろの物の漢字も、物事といった言葉の様に、ものという読み方があります。

そのため私の漢字の、し読みと、物の漢字の、もの読みを合わせる事で、私物を、しものと読んでしまうのです。

所が実際は、私物を、しものと読むのは間違いで、しぶつと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

私物は、しぶつと読むべき言葉です。

そもそも私の漢字はそのまま、しと読む事が出来る上に、物の漢字も、もの以外に、動物といった言葉を見れば理解出来る様に、ぶつという読みを普通に有しています。

だからこそ私物は、私の漢字の、し読みと、物の漢字の、ぶつ読みとを組み合わせる事で、しぶつと読めるのです。

「私物」の意味

私物は、個人的な事や自分だけに関係がある事といった意味を持っている私の漢字に、ものやものごとといった意味を所有する物の漢字を、付け加える事によって誕生した言葉となっています。

以上の事から私物は、公ではなく個人が所有する財貨や物品を示すのです。

「私物」の言葉の使い方や使われ方

・『この学校は創業者一族によって私物化されています』
・『そういった私物の持ち込みは禁止されているはずです』
・『彼は彼女の私物の中に、浮気の証拠があると考えています』

まとめ

私の漢字には、しという読みがあるし、物の漢字には、ものという読みが存在しています。

ですがそれら2つの漢字の読みを単純に繋げて、私物を、しものと読むのは誤りです。

私物の漢字は、しものではなく、しぶつと読むのが正解な言葉となっています。

そんな私物は、個人が所有する物品や財貨といった意味を表す際に、使用される言葉です。

タイトルとURLをコピーしました