「私益」の読み方と意味とは?「しえ」と「しえき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私益」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私益」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私益」の正しい読み方は「しえ」と「しえき」どちら

「私益」の読み方として推測できるものに、「しえ」「しえき」があります。

「しえ」「しえき」の二つの読み方のうち、「私益」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「私益」の正しい読み方の結論は、「しえき」が正しい読み方になります。

「私益」の名詞で使われている「益」という漢字の音読みは「エキ・ヤク」、訓読みは「ます・ますます(常用漢字表にない読み方)」です。

「益」の漢字は「エ」とは読むことができないため、「私益」「しえ」と読むのは明らかな誤読として判断することができます。

「しえ」と読める漢字表記は「死穢」など特別な言葉に限られ、一般的にはほとんど使われない言葉になります。

「私益」の意味

「私益」の意味は、「個人の利益・個人的な欲望を満たすための利益」を意味しています。

「私利」「私益」を同じ文章・文脈において使うと、「個人的な欲望を満たしたり得したりするための利益」という意味のニュアンスが強まります。

「私益」の対義語として、「公益」を挙げることができます。

「私益」の言葉の使い方や使われ方

「私益」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『私益だけを目的としたビジネスや企業活動が長続きすることはほとんどありません』
・『政治家になった彼の私益はとどまることを知らず、大企業と癒着した贈収賄事件にまで発展しました』
・『私利や私益の強すぎる人間は、往々にして他者からの好意や信頼は得られないものなのです』

まとめ

この記事では、「私益」の正しい読み方「しえき」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「私益」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の内容をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました