「私財」の読み方と意味とは?「しざい」と「したから」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私財」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「私財」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「私財」の正しい読み方は「しざい」と「したから」どちら

個人で所有している貴重なもの、お金を「私財」【しざい】といいます。

仕事で成功して財をなしたり、親からの財産を受け継ぐなどして財力を増やしていくわけです。

主に、自分の財産であるという意味が強く、家や車、装飾品、家具、服に至るまで価値があれば「私財」といいます。

正しい読み方の結論

音読みで「私」「シ」といい、「財」「ザイ」といいます。

「私」「わたくし」という意味があり、「財」「たくわえ」になる言葉であるため、「私財」になるわけです。

もう一方の「したから」は漢字に変換すると人の顔の一部を表す「舌から」や、上や下を表す「下から」となるため、自分の財力を意味する「私財」とは異なります。

「私財」の意味

へそくりともいう個人で持つお金を「私財」といいます。

人には公開していないお金を使って、困っている人のために投じて救い出したり、多くの人が集まる施設を建てることもあるお金です。

もちろん、海外に行って豪遊したり、賃貸物件を建ててさらに「私財」を増やしている人もいます。

主に、自分で自由に使えるお金という意味があるわけです。

「私財」の言葉の使い方や使われ方

・『私財を投じて地元に子供が遊べる施設を投じた』
・『私財をすべて整備費用に投じて、紅葉する美しい山に戻した』
・『子供のために私財をつぎ込み、豪邸を建てることにした』

まとめ

自分だけの「私財」の使い道は、それぞれ自分で考えて使っています。

人のために使うか、後を受け継ぐ者に残すか、その使い道を考えてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました