「私鉄」の読み方と意味とは?「してつ」と「わたしてつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「私鉄」の読み方と意味とは? 読み方

「私鉄」は東京や大阪など大都市に暮らす人にとって欠かせない交通インフラです。

具体的にはどのような交通インフラでどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「私鉄」の正しい読み方と意味について解説します。

「私鉄」の正しい読み方は「してつ」と「わたしてつ」どちら

「私鉄」という言葉の読み方としては「してつ」「わたしてつ」の2つが考えられます。

「してつ」「わたしてつ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「私鉄」の正しい読み方は「してつ」です。

「私」には「私見」【しけん】「私物」【しぶつ】など「し」という読み方と、「私達」【わたしたち】「私等」【わたしら】など「わたし」という読み方があります。

「鉄」「鉄棒」【てつぼう】「砂鉄」【さてつ】など「てつ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「してつ」「わたしてつ」のうち「私鉄」の正しい読み方は「してつ」です。

「私鉄」の意味

「私鉄」とは、「民間の私企業によって運営される鉄道もしくは鉄道会社」を指す言葉です。

鉄道は国や自治体など公共団体によって運営される鉄道と民間企業によって運営される鉄道のふたつに分けられます。

国や自治体など公的な運営母体ではなく民間の私企業を運営母体とする鉄道を「私鉄」といいます。

日本の場合は自治体が運営する鉄道およびJRが運営する鉄道以外の鉄道が「私鉄」です。

JRも民間企業ですが国鉄を母体として発足した会社であるため一般的に「私鉄」には含みません。

「私鉄」の言葉の使い方や使われ方

・『JR から私鉄に乗り換える』
・『私鉄の方が早く着く』
・『私鉄を乗り継いで通勤する』

まとめ

「私鉄」の正しい読み方は「してつ」「わたしてつ」と読むのは間違いです。

常識として知っておきたい言葉なので正しい読み方と意味を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました