「策動」の読み方と意味とは?「さくどう」と「さくうご」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「策動」の読み方と意味とは? 読み方

密かにめぐらした作戦や行動を示す言葉には「策動」があります。

この記事では、「策動」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「策動」の正しい読み方は「さくどう」と「さくうご」どちら

「策動」の正しい読み方は「さくどう」であり、「さくうご」とは読みません。

この言葉に使われている「策」は音読みで「さく」と読みます。

「動」は音読みで「どう」と読み、訓読みは「動く」「うごく」「動かす」「うごかす」と読みます。

正しい読み方の結論

「策動」の正しい読み方は「さくどう」であり、「さくうご」は間違いです。

「策動」の意味

「策動」とは密かに巡らした作戦や行動を示す言葉であり、謀略や悪巧みなどを示す時にも使います。

「策動」とは秘密裡に計画されたものであり、水面下で事を運んで実行する時にも使います。

「策動」の類義語としては「策略」があり、こちらは目的や手段のために行う計画や計略を示す時に使う言葉です。

また「扇動」は人や集団の気持ちを煽って行動するように仕向ける時や、意見を変更させる時に使います。

「策動」は個人的な悪巧みから、集団や組織、政府などの大きな計画や計略にも使うことが可能です。

「策動」の言葉の使い方や使われ方

・『その医療ドラマは昇進を巡る医者たちの策動が描かれていました』
・『敵軍による策動で大きなパニックが発生しました』
・『その組織は扇動や策動を中心にしており、暗殺することもあった』

まとめ

「策動」とは密かに巡らした作戦や行動を示す言葉であり、水面下で事を進めて計画を実行する時にも使います。

「策動」は悪巧みや謀略などに使うことも可能であり、戦争やテロリズム、政治闘争、企業間の競争などで使われます。

タイトルとURLをコピーしました