「純愛」の読み方と意味とは?「じゅんあい」と「じゅあい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「純愛」の読み方と意味とは? 読み方

当記事では、「純愛」の読み方を明確な形で解説していきます。

「純愛」の正しい読み方は「じゅんあい」と「じゅあい」どちら

純愛の漢字を目にした人の中には何となく、じゅあいと読んでしまう人がいたりするものです。

ただし後ろの愛の漢字は、愛情等の言葉の様に、あいという読み方を持っていますが、前の純の漢字には、じゅという読みがありません。

お陰で純愛は、じゅあいと読む事さえ出来ないのです。

純愛の漢字は、じゅあいではなく、じゅんあいと読むのが正しい読み方だったりします。

正しい読み方の結論

純愛は、じゅんあいと読むのが正解な言葉です。

というのも純の漢字は、清純といった言葉を見れば分かる様に、じゅんという読みがある上に、愛の漢字は前記した様にそのまま、あいと読む事が出来ます。

以上の事から、純の漢字のじゅん読みと、愛の漢字のあい読みとを繋げる事によって、純愛の漢字は、じゅんあいと読む事が可能です。

「純愛」の意味

純愛は、偽りや混じりけがない様といった意味を持つ純の漢字に、いとおしいと思う気持ち等の意味を有する愛の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ純愛は、純粋でひたむきな愛といった意味を表すのです。

「純愛」の言葉の使い方や使われ方

・『彼らは学生時代からの純愛を貫き、結婚しました』
・『個人的には一人で純愛映画を観に行くのは、避けたいです』
・『彼女は純愛小説を読むのが好きみたいです』

まとめ

純の漢字には、じゅという読み自体が存在していません。

なので純愛を、じゅあいと読む事は不可能であり、その様な読み方をするのは、間違いです。

純愛は、じゅあいではなく、じゅんあいと読むべき言葉となっています。

更にそんな純愛は文字通り、純粋でひたむきさのある愛といった意味を示す言葉として、用いられているのです。

タイトルとURLをコピーしました