「結党」の読み方と意味とは?「けっとう」と「ゆいとう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

政治関連のニュースで「結党」という言葉が使われることがあります。

この言葉はどういった行為を指すものではどう読めばいいのでしょうか。

今回は、「結党」の正しい読み方と意味について解説します。

「結党」の正しい読み方は「けっとう」と「ゆいとう」どちら

「結党」の読み方を漢字の読みを当てはめて考えてみると「けっとう」「ゆいとう」になります。

「けっとう」「ゆいとう」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「結党」の正しい読み方は「けっとう」です。

「結」には「決定」【けってい】「結局」【けっきょく】など「けっ」という読み方と、「結納」【ゆいのう】「髪結」【かみゆい】など「ゆい」という読み方があります。

「党」「党則」【とうそく】「よとう」【よとう】など「とう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「けっとう」「ゆいとう」のうち「結党」の正しい読み方は「けっとう」です。

「結党」の意味

「結党」とは、「党を結成すること」を意味する言葉です。

同じ思想や価値観を持つ人同士が目的達成のために集まって結成される集団を「党」といいます。

一般的には同じ政治信条を持つ人が集まった「政党」を指しますが、「ビール党」のように特定の趣味嗜好を持つ人々を指すこともあります。

人を集めたり規約を作ったりなど準備を整え組織としての党を結成する行為を表す言葉が「結党」です。

「結党」の言葉の使い方や使われ方

・『与党から分裂した議員が集まり新党を結党した』
・『結党の精神は今も根付いている』
・『結党以来初めての女性党首が誕生した』

まとめ

「結党」の読み方は「けっとう」「ゆいとう」は間違った読み方です。

使う機会は少ないものの政治に関わる言葉なので正しい読み方と意味を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました