「署名」の読み方と意味とは?「しょめい」と「しょな」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「署名」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「署名」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「署名」の正しい読み方は「しょめい」と「しょな」どちら

署名の漢字表記を目にして何となく、しょなと読んでしまう人もいるものです。

確かに署の漢字は、署長といった言葉の様に、しょという読みがあるし、後ろの名の漢字も、名前といった言葉を見れば分かる様に、なという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みをシンプルに繋げて、署名を、しょなと読んでしまうのです。

所が実際は、署名の漢字を、しょなと読むのは誤りで、しょめいと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

署名は、しょめいと読むのが正解な言葉です。

というのも署の漢字は前記した様にそのまま、しょと読む事が出来る上に、名の漢字は、なという読み方以外にも、名刺といった言葉の様に、めいという読みを持っています。

以上の事から署の漢字の、しょ読みと、名の漢字の、めい読みとを合体させる事により、署名の漢字は、しょめいと読む事が出来るのです。

「署名」の意味

署名は、書き付けるや役所といった意味がある署の漢字に、人や物の呼び名とか、評判等の意味を有する名の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ署名は、本人が書類等に自らの名を記す事や、記したものを表すのです。

「署名」の言葉の使い方や使われ方

・『ご納得頂けたら、こちらの署名欄にサインして下さい』
・『とても大きな取引とあって、契約書に署名する彼の手は震えていました』
・『現在、建設反対のための署名集めを行っています』

まとめ

署の漢字は、しょという読みがあるし、名の漢字は、なという読みを所有しています。

ですがそれらの漢字の読みを組み合わせて、署名を、しょなと読むのは間違いです。

署名は、しょなではなく、しょめいと読むべき言葉となっています。

そんな署名は、本人が書類等に対して自分の名前を書く事を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました