「署長」の読み方と意味とは?「しょちょう」と「しょなが」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「署長」の読み方と意味とは? 読み方

「署長」は特定の立場を表す言葉です。

具体的にどのような立場に対して使う言葉で何と読めばいいのでしょうか。

今回は、「署長」の正しい読み方と意味について解説します。

「署長」の正しい読み方は「しょちょう」と「しょなが」どちら

「署長」という言葉の読み方として当てはまりそうなのが「しょちょう」「しょなが」です。

「しょちょう」「しょなが」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「署長」の正しい読み方は「しょちょう」です。

「署」「署内」【しょない】「部署」【ぶしょ】など「しょ」と読みます。

「長」「長者」【ちょうじゃ】「延長」【えんちょう】など「ちょう」と読むほか、「長巻」【ながまき】「夜長」【よなが】など「なが」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「しょちょう」「しょなが」の2つのうち「署長」の正しい読み方は「しょちょう」「しょなが」とは読みません。

「署長」の意味

「署長」とは、「署の最高責任者」を指す言葉です。

警察署や税務署など特定の役割を分担された役所には「署」という名称が付けられます。

署のトップの役職が「署長」です。

「署長」は署の活動全てに対し権限を持つとともに責任を負う最高責任者ですが具体的な権限や業務は所属する署によって異なります。

同じ「署長」でも警察署長と税務署長では仕事の内容も役割も全くの別物です。

「署長」の言葉の使い方や使われ方

・『署長に任命される』
・『署長から直接指示が出る』
・『署長が交番を視察する』

まとめ

組織のトップのことを「長」【ちょう】というので「署長」「しょちょう」が正しい読み方となり「しょなが」などその他の読み方はすべて間違いです。

読み間違いのないように正しい読み方と意味を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました