「至宝」の読み方と意味とは?「しほう」と「しだから」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「至宝」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「至宝」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「至宝」の正しい読み方は「しほう」と「しだから」どちら

「至宝」「至」は、音読みで「シ」、訓読みで「いた(る)」と読みます。

また「宝」は、音読みで「ホウ」、訓読みで「たから」となります。

「至」「宝」は音読みで「しほう」と読むことができます。

一方、「至」を音読み、「宝」を訓読みにすると、「しだから」と読めますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「至宝」の正しい読み方は「しほう」です。

「至宝」「しだから」ではなく、「しほう」と読むようにしましょう。

「至宝」の意味

「至宝」とは、この上なく、大切で貴重な宝のことを言います。

「至宝」「至」は、「いたる」「とどく」「この上ない」などを意味しています。

また「宝」は、「たから」「貴重なもの」「大切なもの」などを表しています。

そのため、「至宝」は漢字の意味から見ると、「この上ない宝」と言う意味合いになります。

「至宝」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は国家の至宝と呼ぶのにふさわしい人物です』
・『この至宝は当博物館で大切に保存しております』
・『これは世界の至宝と呼ばれています』

まとめ

「至宝」のように、「至」から始まる二字熟語は他にもあります。

例えば、「至高(しこう)」「至福(しふく)」「至誠(しせい)」「至上(しじょう)」、あるいは「至極(しごく)」などがあります。

いずれも、「至」「この上ない」「これ以上ない」と言う意味が含まれています。

「至宝」と関連した語としては、「秘宝(ひほう)」「宝物(たからもの)」「お宝」などが挙げられます。

「至宝」「しだから」ではなく、「しほう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました