「若者」の読み方と意味とは?「わかもの」と「わかじゃ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「若者」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「若者」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「若者」の正しい読み方は「わかもの」と「わかじゃ」どちら

「若」という漢字は訓読みでは「若(わか)い」「若(も)しくは」「若(し)く」「若(ごと)し」「若(も)し」「なんじ」と読み、音読みでは「じゃく」「にゃく」「にゃ」と読みます。

そして、「者」という漢字は訓読みでは「もの」と読み、音読みでは「しゃ」と読みます。

「若者」の場合、「若」「者」それぞれに訓読みを当て、「わかもの」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「若者」の正しい読み方は「わかもの」になります。

「若者」の意味

「若者」とは、「年の若い人」を意味する言葉です。

「若者」の類義語には「若人(わこうど)」「青年(せいねん)」「若造(わかぞう)」「青少年(せいしょうねん)」「若手(わかて)」「ヤング」などがあります。

「若」という漢字には「わかい」「幼い」のほか、「いくらか」「少し」「しく」「匹敵する」「いかん」「いかに」「どれほど」など多くの意味が含まれています。

そして、「者」「人」「行為、状態の主体」「特定の事柄」「は」「とは」「時を表す語に添える助字」としての意味が含まれる漢字です。

「若者」の言葉の使い方や使われ方

・『時代のトレンドというものは、若者を起点に発信される』
・『若者たちのあいだでは、1980年代から1990年代のファッションが流行っているようだ』
・『若者にターゲットを搾った新商品が発表された』

まとめ

「若者」の正しい読み方は「わかもの」であり、「若者」とは「年の若い人」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました