「薄幸」の読み方と意味とは?「はっこう」と「うすさち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「薄幸」の読み方と意味とは? 読み方

「薄幸」は文字通り幸せに関係する言葉ですが、具体的にはどのような意味で何と読む言葉なのでしょうか。

今回は、「薄幸」の正しい読み方と意味について解説します。

「薄幸」の正しい読み方は「はっこう」と「うすさち」どちら

「薄幸」の読み方として考えられるのが「はっこう」「うすさち」のどちらかです。

「はっこう」「うすさち」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「薄幸」の正しい読み方は「はっこう」です。

「薄」には「薄給」【はっきゅう】「薄荷」【はっか】など「はっ」という読み方と、「薄紅」【うすべに】「極薄」【ごくうす】など「うす」という読み方があります。

「幸」「幸福」【こうふく】「多幸」【たこう】など「こう」と読むほか、「海の幸」【うみのさち】「幸あれ」【さちあれ】など「さち」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「はっこう」「うすさち」のうち「薄幸」の正しい読み方は「はっこう」です。

「薄幸」の意味

「薄幸」とは、「幸せに恵まれないこと」を意味する言葉です。

人に比べて運が悪く幸福ではないことを表す言葉で、頑張っているのになかなか報われない人や不運な出来事が次々起こる人など本人の意識や努力とは無関係に幸運に恵まれない人に対して使います。

幸福や運といった不確定な要素に対する表現であり人の努力によって変えられるものではありません。

何をやってもうまくいかなかったり悪いことが次々に起きたりなど、起きてしまった悪い結果に対して運の悪さが原因であるとする時に用いられる表現です。

「薄幸」の言葉の使い方や使われ方

・『薄幸の美少女』
・『薄幸な人生に転機が訪れる』
・『努力しても運悪く結果に恵まれない薄幸な人』

まとめ

「薄幸」「はっこう」と読み「うすさち」間違いです。

読み間違いの多い言葉なので正しい読み方と意味を覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました