「行革」の読み方と意味とは?「ぎょうかく」と「いくかわ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「行革」の読み方と意味とは? 読み方

ニュースでよく耳にする言葉に「行革」とがあります。

担当大臣もいるほど重要な言葉ですが、具体的に何を指しどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「行革」の正しい読み方と意味について解説します。

「行革」の正しい読み方は「ぎょうかく」と「いくかわ」どちら

「行革」という言葉の読み方として「ぎょうかく」「いくかわ」の2つを思いつきます。

「ぎょうかく」「いくかわ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「行革」の正しい読み方は「ぎょうかく」です。

「行」には「行幸」【ぎょうこう】「所行」【しょぎょう】など「ぎょう」という読み方以外に、「行く」【いく】という読み方があります。

「革」「革命」【かくめい】「変革」【へんかく】など「かく」と読むほか、「革靴」【かわぐつ】「床革」【とこかわ】など「かわ」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせるとできる「ぎょうかく」「いくかわ」のうち「行革」の正しい読み方は「ぎょうかく」です。

「行革」の意味

「行革」とは、「行政改革」の略語で「行政機関の仕組みや運用を改めること」を意味する言葉です。

官公庁や政府機関など国の行政に関する組織や仕組みを行政機関といいます。

日本の行政機関は優秀さに定評はあるものの前例踏襲や形式主義などいわゆるお役所仕事と呼ばれる慣習がはびこっており必ずしも効率的とは言えません。

そのような行政の無駄や悪習を改善しより良い行政のあり方を目指す取り組みが「行革」です。

「行革」の言葉の使い方や使われ方

・『本腰をいれて行革に取り組む』
・『行革担当大臣に任命された』
・『行革のおかげで官僚の残業時間が短くなった』

まとめ

「行革」の読み方は「ぎょうかく」が正しく「いくかわ」と読むのは間違いです。

政治課題として取り上げられることが多い言葉なので正しい読み方と意味を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました