「裏作」の読み方と意味とは?「うらさく」と「りさく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「裏作」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「裏作」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「裏作」の正しい読み方は「うらさく」と「りさく」どちら

「裏作」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを、確認します。

「裏」の漢字の音読みは「リ」で、訓読みは「うら」です。

また次の「作」の漢字の音読みは「サク・サ」であり、訓読みは「つく(る)」です。

ここから、二つの漢字を訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「うらさく」と読める可能性があり、一般的な音読み+音読みで繋げれば、「りさく」と読める可能性があることも分かります。

しかし、この分析からは、いずれの読み方が正しいかは判断できません。

さて、「裏作」の正しい読み方は「うらさく」「りさく」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「裏作」の正しい読み方は「うらさく」で、「りさく」と読むのは間違いです。

この熟語では、最も一般的な音読みを重ねた読み方ではなく、少し特殊な湯桶読みの方が正しいと言うことになります。

最近では、「裏作」の言葉を使うことも減っており、また湯桶読みと言う少し特殊な読み方のため、正しく読める人は意外と少ないかも知れません。

「裏作」の意味

「裏作」とは「お米などのメインとする作物を収穫したあと、次の作付けまでの期間、他の作物を栽培すること」を意味する言葉です。

「裏作」の言葉の使い方や使われ方

・『昔は米の裏作として小麦を作っていた農家が多かったが、最近では二毛作をするところは、ほとんどありません』
・『メインの作物の収穫後に別の作物を裏作として栽培するのは、農家として非常に大変です』

まとめ

「裏作」の正しい読み方は「うらさく」で、「りさく」と読むのは間違いです。

また、この「裏作」とは「お米などのメインとする作物を収穫したあと、次の作付けまでの期間、他の作物を栽培すること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました