「視認」の読み方と意味とは?「しにん」と「しみとめ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「視認」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「視認」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「視認」の正しい読み方は「しにん」と「しみとめ」どちら

「視認」「しにん」とも「しみとめ」とも読めそうです。

では、正しくはどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「しにん」です。

「視」は音読みで「シ」と読みます。

音訓表にはのっていない読み方ですが「みる」とも読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「認」は音読みで「ニン」、訓読みで「みとめる」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、「ジン」「したためる」とも読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「視認」「視」「し」と読み、「認」「にん」と読み、「しにん」と読むのが正しい読み方です。

「認」「みとめる」と読むこともできますが、送り仮名は「める」で、「認」「みとめ」とは読みません。

「視認」「しみとめ」とは読まないのです。

また、「しみとめ」という言葉はありません。

「視認」の意味

目で見て確かめるという意味です。

「視」という漢字には、見る、注意して見る、みなすという意味があり、「認」という漢字には、みとめる、みきわめるという意味があります。

このことから、「視認」には見て確かめるという意味があることがわかります。

話で聞いて認める、読んで認めるといったことではなく、実際に目でとらえて認めることをいいます。

「視認」の言葉の使い方や使われ方

・『視認できなかった』

まとめ

この言葉の正しい読み方は「しにん」です。

いくつかの読み方ができる漢字は、どう読むのか迷ってしまいますが、「しにん」と読みます。

意味は目で見て確かめることです。

タイトルとURLをコピーしました