「親展」の読み方と意味とは?「しんてん」と「おやてん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「親展」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「親展」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「親展」の正しい読み方は「しんてん」と「おやてん」どちら

「親展」の読み方として想定できるものに、「しんてん」「おやてん」があります。

「しんてん」「おやてん」の二つの読み方のうち、「親展」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「親展」の正しい読み方の結論は、「しんてん」が正しい読み方になります。

「親展」の言葉に使用されている「親」の漢字の音読みは「シン」、訓読みは「おや」です。

ただし「親展」という表現では「シン」の音読みが使われ、「親」という訓読みでは読みません。

そのため、「親展」「おやてん」と読むのは明らかな誤読として判定されます。

また「おやてん」という日本語の単語も存在しないのです。

「親展」の意味

「親展」の意味は、「宛名人本人がその封書を開けて内容を確認してほしいことやその要求」を意味しています。

「親展」は、「宛名に書かれた人に直接関係する重要な書類・カード・内容などを送るときに使用される封書の脇付(わきづけ)の一種」としての意味を持っているのです。

「親展」の言葉の使い方や使われ方

「親展」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『不正使用の恐れもあるクレジットカードは必ず親展の脇付がある速達などで送られてきます』
・『息子の宛名で来ていた親展の封書を勝手に開けてしまい、後で息子から文句を言われました』
・『封書に親展の脇付を書きたい時は、縦書きの場合は宛名の左下に縦書きで書くことが多くなっています』

まとめ

この記事では、「親展」の正しい読み方「しんてん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「親展」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました