「親権」の読み方と意味とは?「しんけん」と「おやけん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「親権」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「親権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「親権」の正しい読み方は「しんけん」と「おやけん」どちら

「親権」の読み方として想定できるものに、「しんけん」「おやけん」があります。

「しんけん」「おやけん」の二つの読み方のうち、「親権」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「親権」の正しい読み方の結論は、「しんけん」が正しい読み方になります。

「親権」の法律用語に使用されている「親」の漢字の音読みは「シン」、訓読みは「おや」です。

ただし「親権」という言葉では「シン」の音読みが使われ、「親」という訓読みで読むことはないのです。

そのため、「親権」「おやけん」と読むのは明らかな誤読になります。

また「おやけん」という日本語自体も、国語辞典の項目に記載がありません。

「親権」の意味

「親権」の意味は、「法的な親として子供に対して持っている権利と義務の総体」を意味しています。

「親権」は元々は「親としての子供に対する支配的・管理的な権限の意味合い」が強くありましたが、近年の「親権」「親としての子供に対する保護的・教育的な義務の意味合い」が強くなっています。

「親権」の言葉の使い方や使われ方

「親権」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『歴史的には日本の親権は子供に対する支配に重点がありましたが、近年は保護に重点が移っています』
・『国際結婚では、親権や子供の連れ去りを巡っての夫婦間の国境をまたいだ訴訟事案も増えています』
・『親権の言葉は親の権力・権限をイメージさせるとして、近年の国際社会では親責任という用語が使われるケースが増えています』

まとめ

この記事では、「親権」の正しい読み方「しんけん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「親権」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の内容を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました