「認否」の読み方と意味とは?「にんぴ」と「にんひ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「認否」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「認否」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「認否」の正しい読み方は「にんぴ」と「にんひ」どちら

「認」という漢字は訓読みでは「認(みと)める」「認(したた)める」と読み、音読みでは「にん」と読みます。

そして、「否」という漢字は訓読みでは「いや」「いや」「否(わる)い」と読み、音読みでは「ひ」「ふ」と読みます。

「認否」の場合、「認」「否」それぞれに音読みを当て、「ひ」を半促音に変化させて「にんぴ」と読むのが正解です。

そのまま、音読みを当てて「にんひ」と読むと誤用になってしまうで、注意しましょう。

正しい読み方の結論

「認否」の正しい読み方は「にんぴ」になります。

「認否」の意味

「認否」とは、「認めることと認めないこと」「認めるか否かということ」を意味する言葉です。

「認」という漢字には「みとめる」「許す」「承知する」というほか、「見分ける」「見極める」「したためる」「書きしるす」「認め印の略」という意味が含まれています。

そして、「否」「いな」「いなむ」「同意しない」のほか、「しからず」「そうでない」「反対の意を表す語」「わるい」という意味が含まれる漢字です。

「認否」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は窃盗容疑により法廷で罪状認否を問われた』
・『この容疑者の罪状認否は来週の水曜日に行われる予定である』
・『被告人を裁判所に召喚して、認否を問うための法律文書』

まとめ

「認否」の正しい読み方は「にんぴ」ということでした。

「認否」という言葉には「認めることと認めないこと」「認めるか否かということ」という意味が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました