「誤信」の読み方と意味とは?「ごしん」と「ごし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「誤信」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「誤信」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「誤信」の正しい読み方は「ごしん」と「ごし」どちら

「誤信」の読み方として考えられるものに、「ごしん」「ごし」があります。

「ごしん」「ごし」の二つの読み方のうち、「誤信」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「誤信」の正しい読み方の結論は、「ごしん」が正しい読み方になります。

「誤信」の名詞で使用されている「信」という漢字の訓読みは「まこと・たより(常用漢字表にない読み方)」、音読みは「シン」です。

「信」には「シ」という音読みはないため、「誤信」「ごし」と読むのは明らかな誤読として判断できるのです。

「ごし」と読める漢字表記に「五指・呉子」などがありますが、一般的にはほとんど使われない言葉です。

「誤信」の意味

「誤信」の意味は、「間違った内容や信念を信じること」を意味しています。

「誤信」とは「誤り」の漢字の字義が示すように、「誤って何かを信じること+先入観や思い込みなどによって誤って信じ込む」という意味合いを持っている言葉なのです。

「誤信」の言葉の使い方や使われ方

「誤信」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『誤信は昔ながらの伝承や迷信によってもたらされることも多く、信じている期間が長いほど訂正は困難です』

・『私と彼女の間に一度生まれた誤信を解消することができず、そのまま私たちは別れることになりました』
・『妄想や盲信に近い誤信になってしまうと、本人はどうしても間違いに気づくことができないのです』

まとめ

この記事では、「誤信」の正しい読み方「ごしん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「誤信」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました