「誤想」の読み方と意味とは?「ごそう」と「ごそ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「誤想」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「誤想」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「誤想」の正しい読み方は「ごそう」と「ごそ」どちら

「誤想」の読み方として考えられるものに、「ごそう」「ごそ」があります。

「ごそう」「ごそ」の二つの読み方のうち、「誤想」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「誤想」の正しい読み方の結論は、「ごそう」が正しい読み方になります。

「誤想」の名詞で使用されている「想」という漢字の訓読みは「おもい・おもう」、音読みは「ソウ」です。

「想」には「ソ」という音読みはないため、「誤想」「ごそ」と読むのは明らかな誤読になってしまいます。

また「ごそ」という日本語自体が存在せず、国語辞典を検索しても「ごそ」という項目はないのです。

「誤想」の意味

「誤想」の意味は、「(間違った情報・先入観などを持っているために)思い違いをすること」を意味しています。

「誤想」というのは、「間違った前提を元にして勘違いをすること+考え違いをすること」を意味している言葉なのです。

法律用語の「誤想」は、「思い違いをしていたため、法的効力が発生しない」の意味で解釈されます。

「誤想」の言葉の使い方や使われ方

「誤想」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

『頭脳明晰なはずの彼が、そんな初歩的な誤想による間違いを犯していたとは思いもよりませんでした』

・『どんなに優秀な人材や専門家にも誤想はあるので、人為的な理論・情報処理には完璧ということはありません』
・『誤想して彼女を疑ってしまったことを、今は深く反省しています』

まとめ

この記事では、「誤想」の正しい読み方「ごそう」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?「誤想」の読み方・意味・使い方をリサーチしたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました