「警報」の読み方と意味とは?「けいほう」と「きょうほう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「警報」の読み方と意味とは? 読み方

「警報」が出たらすぐに身の安全を確保しなくてはいけません。

命を守ることに強く関わるこの言葉、具体的にどのようなものを指し何と読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「警報」の正しい読み方と意味について解説します。

「警報」の正しい読み方は「けいほう」と「きょうほう」どちら

「警報」という言葉の読み方は「けいほう」「きょうほう」のどちらかだと考えられます。

「けいほう」「きょうほう」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「警報」の正しい読み方は「けいほう」です。

「警」には「警備」【けいび】「市警」【しけい】など「けい」という読み方以外にも、「警策」【きょうさく】のように「きょう」という読み方があります。

「報」「報告」【ほうこく】「速報」【そくほう】など「ほう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせると「けいほう」「きょうほう」になりますが「警報」の正しい読み方は「けいほう」です。

「警報」の意味

「警報」とは、危険な事態が予想される時に注意や警戒を促すため周囲に伝えられる知らせ」を指す言葉です。

台風の接近や機械の異常など現在の状況からみて将来的に危険が発生すると予想される場合、周囲に危険が迫っている事実を知らせるのが被害を未然に防ぐ最善の方法です。

予想される危険に備え周囲に警戒を促すために発せられる知らせを「警報」といいます。

気象警報のように言葉や文章で発表されるもののほか、機械が出すブザー音なども「警報」に含まれます。

「警報」の言葉の使い方や使われ方

・『台風の影響で強風警報が出された』
・『装置からは警報が鳴り続いている』
・『警報を聞いて避難を開始する』

まとめ

「警報」の読み方は「けいほう」が正しく「きょうほう」は誤りです。

身の安全に関わる言葉なので正しい読み方と意味を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました