「近世」の読み方と意味とは?「きんせい」と「こんせ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「近世」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「近世」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「近世」の正しい読み方は「きんせい」と「こんせ」どちら

近世の漢字表記を目にした人の中には、こんせと読んでしまう人もいたりするものです。

確かに近の漢字には、こんという読みがあるし、後ろの世の漢字も、世界といった漢字を見れば分かる様に、せという読みが普通にあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合体させて近世を、こんせと読んでしまう事自体は理解出来なくもありません。

所が残念ながら近世を、こんせと読むのは間違いで、きんせいと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

近世は、きんせいと読むべき言葉です。

そもそも近の漢字には、こんの他にも、きんという読みが存在している上に、後ろの世の漢字も、せだけでなく、せいと読む事も出来ます。

だからこそ近世は、近のきん読みと、世のせい読みとを組み合わせる事によって、きんせいと読めるのです。

「近世」の意味

近世は、ちかいやちかごろといった意味がある近の漢字に、よのなかや先祖代々といった意味を所有する世の漢字を付け加える事によって完成した言葉となっています。

以上の事から近世は、近頃の世の中や歴史の時代区分の一種を示すのです。

「近世」の言葉の使い方や使われ方

・『近世の戦争では、武器がハイテク化し続けています』
・『女性差別は近世において徐々に改善されて来ているのです』
・『私は大学で主に日本の近世史を学びたいと考えています』

まとめ

近の漢字は、こんと読めるし、世の漢字も、せと読む事が出来ます。

ですが2つを合わせた単語である近世を、こんせと読んでしまうのは誤りで、きんせいと読むのが正解です。

そんな近世は、現代に程近い時代や歴史の時代区分の一つといった意味を表現する際に、使われる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました