「過密」の読み方と意味とは?「かみつ」と「かみ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「過密」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「過密」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「過密」の正しい読み方は「かみつ」と「かみ」どちら

ものが過剰に集まっている様子を「過密」と表現しますが、読み方は「かみつ」「かみ」のどちらが正しいのでしょうか。

正しい読み方の結論

「過密」の正しい読み方は「かみつ」です。

「密」は音読みで「ミツ」と読みますが「ミ」と読むことはありません。

みかんは漢字で「蜜柑」(みかん)と書くことから「蜜柑」「蜜」「過密」「密」を混同しないよう、注意が必要です。

「過密」の意味

「過密」の意味は「限られた範囲内に、人やもの、機能が集中し過ぎていること」です。

漢字の「過」「度合いがはなはだしいこと」を意味し、「密」「すき間なくくっついていること」「混み合っていること」を意味します。

これらの漢字を組み合わせた「過密」「すき間がないほど非常に混みあっているさま」を表します。

「過密」は主に、限られた場所に人やものが集まり過ぎている状態、機能が広範囲に行き届かず一ヶ所に集中している状態を表す時に用いられます。

具体的には、人口や都市機能が特定の地域に集中しすぎる状態が「過密」と呼ばれます。

「過密」の類語には「密集」(みっしゅう)「ぎゅうぎゅう詰め」「すし詰め」などがあり、いずれも限られたスペースにものがぎっしり詰め込まれ、すき間がない様子を表しています。

「過密」の言葉の使い方や使われ方

・『人口が過密な都市から静かな農村へ移住する』
・『花を植えたが、植木鉢が小さすぎて土中の根が過密な状態になっている』
・『過密なスケジュールを精力的にこなす』

まとめ

「過密」は、限られた場所に人や機能などが集まり過ぎている状態を表す言葉で「かみつ」と読みます。

「密」「ミ」と読まないので「過密」「かみ」と読み間違えないようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました