「閣内」の読み方と意味とは?「かくない」と「かくうち」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「閣内」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「閣内」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「閣内」の正しい読み方は「かくない」と「かくうち」どちら

「閣内」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「閣」の漢字の音読みは「カク」で、訓読みは「たかどの・たな」です。

また、「内」の漢字の音読みは「ナイ・ダイ」で、訓読みは「うち」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「かくない」と読めることが分かります。

また、音読み+訓読みで繋いで、いわゆる重箱読みにすれば、「かくうち」と読める可能性があることも分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいのかは、ここから判断することは残念ながら出来ません。

さて、「閣内」の正しい読み方は「かくない」「かくうち」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「閣内」の正しい読み方は「かくない」で、「かくうち」と読むのは間違いです。

この「閣内」の熟語においては、少し特殊と言える重箱読みではなく、最も一般的な音読みを重ねた読み方が正しいと言うことになります。

「閣内」の意味

「閣内」とは、「内閣の内部や、内閣を構成する各大臣の範囲内のこと」を意味する言葉です。

「閣内」の言葉の使い方や使われ方

・『総理大臣以下、内閣を構成する各大臣が集まっての会議は閣議と呼ばれています』
・『野党はしばしば閣内不一致だとして内閣を攻撃します』
・『閣内での議論もなく、総理大臣が独断専行でものごとを決定し過ぎると与党に不満の声が高まっています』

まとめ

「閣内」の正しい読み方は「かくない」で、「かくうち」と読むのは間違いです。

また、この「閣内」とは、「内閣の内部や、内閣を構成する各大臣の範囲内のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました