「難解」の読み方と意味とは?「なんかい」と「むずかかい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「難解」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「難解」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「難解」の正しい読み方は「なんかい」と「むずかかい」どちら

「難解」「なんかい」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「難」の音読みは「なん・だん」、訓読みは「かた(い)・むずか(しい)・にく(い)」「解」の音読みは「かい・げ」、訓読みは「と(く)・と(かす)・と(ける)・ほど(く)・ほど(ける)・ほぐ(れる)・ほつ(れる)・さと(る)・わか(る)」です。

「難解」と表記する場合「むずかかい」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「難解」の正しい読み方は「なんかい」です。

「むずかかい」とは読みません。

「難解」の意味

「難解」の意味は「複雑で分かりにくいこと」です。

誰もが考えればすぐに答えが出て来ることではなく、時間がかかったり、そもそも内容を理解できない状態を表します。

「難」「事態がうまくいかない」「容易でない」「辛く苦しい事態」という意味、「解」「もつれ・ごたごたをバラバラにする」から転じて「はっきりとした答えを出す」という意味、「難解」「はっきりとした答えを出すの容易ではないこと」になります。

「難解」の言葉の使い方や使われ方

「難解」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼は難解な哲学書を読んでいる』
・『今回の試験は最後の問題が難解だった』
・『使われている英単語が難解で意味が理解できない』

まとめ

今回は「難解」の読み方について紹介しました。

「難解」の正しい読み方は「なんかい」で、「むずかかい」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました