「高専」の読み方と意味とは?「こうせん」と「たかせん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「高専」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「高専」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「高専」の正しい読み方は「こうせん」と「たかせん」どちら

「高専」「こうせん」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「高」の音読みは「こう」、訓読みは「たか(い)・たか・たか(まる)・たか(める)」「専」の音読みは「せん」、訓読みは「もっぱ(ら)・ほしいまま」です。

「高専」と表記する場合、「たかせん」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「高専」の正しい読み方は「こうせん」です。

「たかせん」とは読みません。

「高専」の意味

「高専」とは、「高等専門学校」の略で、「中学校を卒業したものが入学して、5年間一貫した技術者教育を行う為の高等学校」のことです。

一般的な高校とは違い、社会が必要とする技術者を養成する為に、一年次から専門的なっ教育を受けられ、実習なども多く取り入れられています。

高専を卒業して進学する場合、工業系の大学へ編入できるというメリットがあります。

人気アニメ「呪術回線」で主人公が「東京都立呪術高等専門学校」似通っていることから注目される様になりました。

「高専」の言葉の使い方や使われ方

「高専」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『技術系を学びたいので高専に進学する』
・『高専を卒業後、専攻科に進学する』
・『高専を卒業すると技術系の就職に有利だ』

まとめ

今回は「高専」の読み方について紹介しました。

「高専」の正しい読み方は「こうせん」で、「たかせん」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました