「高層」の読み方と意味とは?「こうそう」と「たかそう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「高層」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「高層」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「高層」の正しい読み方は「こうそう」と「たかそう」どちら

高層の漢字表記を目にした人の中には何となくで、たかそうと読む人もいるものです。

確かに高の漢字は、たかという読みがあるし、層の漢字も、そうという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合わせる事で、高層を、たかそうと読んでしまうのです。

所が高層を、たかそうと読むのは誤りで、こうそうと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

高層は、こうそうと読むのが正解な言葉です。

というのも最初の高の漢字は、たか以外にも、高額といった言葉を見れば分かる様に、こうという読みを持っている上に、後に続く層もそのまま、そうと読む事が出来ます。

以上の事から、高の漢字の、こう読みと、層の漢字の、そう読みとを合体させる事によって、高層の漢字は、こうそうと読めるのです。

「高層」の意味

高層は、たかいやたかさといった意味がある高の漢字に、重なりや積み重なっているものといった意味を有する層の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ高層は、空の高い場所や階を重ねた高い建物といった意味を表すのです。

「高層」の言葉の使い方や使われ方

・『高層ビルの屋上からの夜景は、とても綺麗でした』
・『私は高層ビルの建設を夢見て、この会社に就職したのです』
・『彼は成功者となった事で現在、高層マンションの最上階に住んでいます』

まとめ

高の漢字は、たかと読むし、層の漢字は、そうと読む事が出来ます。

ですがその2つの漢字の読み方を組み合わせて、高層を、たかそうと読むのは間違いです。

高層は、たかそうではなく、こうそうと読むべき言葉となっています。

そんな高層は、空の高い場所や階数の多い高い建物といった意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました