りっしんべんに享で「惇」の読み方とは?簡単に解釈

りっしんべんに享で「惇」の読み方とは? 読み方

この記事では、「惇」の読み方を分かりやすく説明していきます。

りっしんべんに享で「惇」の読み方

「惇」という漢字は訓読みでは「惇(あつ)い」「まこと」と読み、音読みでは「トン」「ジュン」「シュン」と読みます。

また、人の名前として使われるときは「あつし」「つとむ」「とし」「よし」などの読みが当てられることもあります。

「惇」の意味や解説

「惇」には「あつい」「人情があつい」「まこと」「まごころ」という意味が含まれています。

「惇」は心臓の象形である「りっしんべん」に基礎となる台の上に建つ先祖を祭った場所の象形である「享」を組み合わせ、「もてなしの心」という意味を表す会意兼形声文字として成り立った漢字です。

「惇」の名前での使われ方

・『足利惇氏』【あしかが あつうじ】
東海大学第5代学長や日本オリエント学会長などを歴任した日本のインド、ペルシア学者です。

・『惇子内親王』【あつこ/じゅんしないしんのう】
平安時代末期の皇族であり、後白河天皇の第5皇女です。

・『酒井忠惇』【さかい ただとし/ただとう】
江戸時代末期から明治時代に播磨姫路潘の第9代藩主を務めた旗本、大名です。

・『斎藤惇夫』【さいとう あつお】
日本の児童文学作家、及び編集者です。

・『木村惇』【きむら あつし】
内務外務官僚、外交官、京都府知事を歴任した日本の政治家です。

まとめ

「惇」は基本的に訓読みでは「惇(あつ)い」「まこと」と読み、音読みでは「トン」「ジュン」「シュン」と読む漢字でした。

ただし、人の名前として使われるときは「あつし」「つとむ」「とし」「よし」などの読まれる場合もあります。

そして、「惇」には「あつい」「人情があつい」「まこと」「まごころ」という意味が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました