木へんに斤で「析」の読み方とは?使い方など簡単に解釈

木へんに斤で「析」の読み方とは? 読み方

この記事では、「析」の読み方を分かりやすく説明していきます。

木へんに斤で「析」の読み方

「析」という漢字は訓読みで「析(さ)く」「析(わ)ける」「析(わ)かれる」と読み、音読みでは「セキ」と読みます。

「析」の意味や解説

「析」という漢字には「さく」「わる」「解く」「分けて明らかにする」という意味が含まれています。

「析」は大地を覆う木の象形である「木偏」に曲がった柄の先に刃をつけた斧の象形である「斤」を組み合わせ、「木を割る」「木をさく」という意味を表す会意文字として成り立ちました。

「析」の熟語での使い方や使われ方

・『解析』【かいせき】
「事柄の構成要素を論理的に微細に調べて、本質を明らかにすること」「数学的論法の一種で、甲の事柄を証明するために、甲が成立するためには乙の成立が必要であることを示し、乙が成立するためには丙の成立が必要であることを示し、これを繰り返して既知の事柄に帰着させること」を意味する言葉です。
・『分析』【ぶんせき】
「複雑な事柄を1つ1つの要素、成分に分けて、その構成などを解明すること」「物質の組成を調べて、成分の量や種類の割合を明らかにすること」「哲学において、複雑な概念や現象などを、構成要素に分けて解明すること」を意味する言葉です。
・『開析』【かいせき】
「台地上の地形が川の浸食を受け、多くの谷が刻まれること」を意味する言葉です。

まとめ

「析」は訓読みで「析(さ)く」「析(わ)ける」「析(わ)かれる」と読み、音読みでは「セキ」と読む漢字です。

そして、「析」には「さく」「わる」「解く」「分けて明らかにする」という意味が含まれています。

タイトルとURLをコピーしました