「代納」の読み方と意味とは?「だいのう」と「しろのう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「代納」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「代納」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「代納」の正しい読み方は「だいのう」と「しろのう」どちら

普段使わない言葉は、読み方がわからないことがあります。

では、「代納」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「だいのう」です。

「代」は、音読みで「ダイ」「タイ」、訓読みで「かわる」「かえる」「よしろ」と読みます。

名前で使われるときには、「より」「とし」「のり」とも読む漢字です。

「納」は、音読みで「ノウ」「ナッ」「ナ」「ナン」「トウ」、訓読みで「おさめる」「おさまる」「いれる」と読みます。

名前で使われるときには、「おさむ」「のり」とも読む漢字です。

「代」「ダイ」と読み、「納」「ノウ」と読んで、「代納」「だいのう」と読みます。

「代」「よしろ」とは読みますが、「しろ」とは読まず、「代納」「しろのう」と読むことはしません。

「代納」の意味

「代納」には2つの意味があります。

ひとつは、本人に代わって金銭や品物を受け取るべき人に渡すことです。

本来はAさんが納めるべき家賃なのに、代わりにBさんが納めるといったことがこれにあたります。

もう一つの意味は、本来納めなければならないものの代わりに、他のものを納めることです。

本来なら金銭で納めるべきところを、米で納めるなどのことをいいます。

「代納」の言葉の使い方や使われ方

・『農作物で代納をする』

まとめ

普段使わない言葉は読み方に迷いますが、この言葉の正しい読み方「だいのう」です。

本人に代わって納めること、本来納めるべきものとは別のもので納めることという意味です。

タイトルとURLをコピーしました