「個展」の読み方と意味とは?「こてん」と「かてん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「個展」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「個展」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「個展」の正しい読み方は「こてん」と「かてん」どちら

いくつかの読み方がある漢字は、どのように読むのか迷ってしまうことがあります。

では「個展」はどのように読むのでしょうか。

解説をしていきます。

正しい読み方の結論

正しくは「こてん」です。

「個」「コ」と読む漢字です。

音訓表にはのっていませんが「カ」とも読みます。

ひとつ、ひとりという意味を持っており、またものを数えるときに用いる語でもあります。

「展」「テン」と読みます。

音訓表にはのっていませんが「のべる」「ひろげる」「つらねる」とも読みます。

のびる、のべる、ひろがる、ひろげる、ころがるという意味を持つ漢字です。

「個」「カ」とも読むことができるのですが、「個展」「かてん」と読むことはしません。

「かてん」と読む漢字には、「加点」「火点」などがあります。

「個展」の意味

個人の作品だけを集めた展覧会という意味です。

個人展覧会の略です。

展覧会とは、美術作品などを集めて並べて、一般に公開する会のことをいいます。

ある一人の画家が、自分が書いた絵を集めて陳列をして、それを一般の人たちに公開をしたとします。

これが「個展」です。

一般的な美術館では、ミケランジェロの作品があったり、ラファエロの作品があったりなど、複数の人の作品が展示されています。

個人の作品だけを集めたものではないので、これは「個展」とはいいません。

「個展」はある一人の作品だけを集めて並べ、一般に公開する会のことをいいます。

「個展」の言葉の使い方や使われ方

・『個展を開く』

まとめ

この言葉は「個展」と読み、意味は個人の作品を集めた展覧会です。

タイトルとURLをコピーしました