「内密」の読み方と意味とは?「ないみつ」と「うちみつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「内密」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「内密」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「内密」の正しい読み方は「ないみつ」と「うちみつ」どちら

「内密」「ないみつ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「内」の音読みは「ない・だい・のう・どう」、訓読みは「うち・い(る)」「密」の音読みは「みつ・びつ」、訓読みは「ひそ(かに)・こま(かい)」です。

「内密」と表記する場合「うちみつ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「内密」の正しい読み方は「ないみつ」です。

「うちみつ」とはよみません。

「内密」の意味

「内密」の意味は、「表沙汰にせず、深く関係する者以外に知らせないこと」です。

重要なことや人に知られたくないことなどを、組織外や関係者以外の人に知られない様にすることです。

「内」「ある範囲のうちがわ」「仲間うち」「組織や国の中」から転じて「表立たない様子」という意味、「密」「閉ざされて内部がわからない」から転じて「人に知られない」という意味、「内密」「表立たず人に知られない様にすること」になります。

「内密」の言葉の使い方や使われ方

「内密」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『くれぐれもこのプロジェクトのことは他部署の人は内密で頼む』
・『社長から取引を内密で進める様に指示される』
・『部長が不倫していることは内密に頼みます』

まとめ

今回は「内密」の読み方について紹介しました。

「内密」の正しい読み方は「ないみつ」で、「うちみつ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました