「内幕」の読み方と意味とは?「うちまく」と「ないまく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「内幕」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「内幕」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「内幕」の正しい読み方は「うちまく」と「ないまく」どちら

「内幕」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「内」の漢字の音読みは「ナイ・ダイ」で、訓読みは「うち」です。

また、「幕」の漢字の音読みは「マク・バク」で、訓読みはありません。

ここから、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「うちまく」と読める可能性があることが分かります。

また、音読み+音読みで繋げれば、「ないまく」と読めることが分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいのかは、この分析から判断することは出来ません。

さて、「内幕」の正しい読み方は「うちまく」「ないまく」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

「内幕」は、一般的には「うちまく」と読まれます。

しかし、辞書によっては「ないまく」との読み方も併記されており、結論としては、どちらの読み方も正しいと言えます。

「内幕」の意味

「内幕」とは、「内側に張る小さめの幕のこと」及び、そこから転じた「外からだと分からない内側の事情のこと」を意味する言葉です。

「内幕」の言葉の使い方や使われ方

・『あの政治評論家は、与野党問わず、政界の内幕に熟知しているとして、情報番組にしばしば登場します』
・『週刊誌に、ある宗教団体の内幕の暴露記事が掲載されましたが、どこまでが真実かは非常に疑わしいと思えます』

まとめ

「内幕」は、、一般的には「うちまく」と読まれますが、「ないまく」との読み方も間違いではなく、いずれの読み方も正しいと言えます。

また、この「内幕」とは、「内側に張る小さめの幕のこと」及び、「外からだと分からない内側の事情のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました