「午后」の読み方と意味とは?「ごご」と「ごこ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「午后」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「午后」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「午后」の正しい読み方は「ごご」と「ごこ」どちら

「午后」「午」は、音読みで「ゴ」、訓読みで「うま」「ひる」と読みます。

また「后」は、音読みで「コウ」「ゴ」、訓読みで「きさき」「きみ」「のち」となります。

「午」「后」を音読みにすると、「ごご」と読むことができます。

しかし、「后」「こ」とは読まないので、「ごこ」と読むことはできません。

正しい読み方の結論

「午后」の正しい読み方は「ごご」です。

「后」「ご」とは読めますが、「こ」とは読みません。

「午后」「ごこ」ではなく、「ごご」と読むようにしましょう。

「午后」の意味

「午后」とは、正午(昼の十二時)から、夜の十二時までの時間のことを言います。

「午后」「午」は、「うま」「十二支の七番目」「昼の十二時」などを意味しています。

また「后」は、「きさき」「きみ」「のち」などを表しています。

そのため、「午后」は漢字の意味から見ると、「昼の十二時ののち」と言う意味合いになります。

「午后」の言葉の使い方や使われ方

・『「午后」「午後」は同じ意味になります』
・『「午后」「午」は、うまの刻のことで、正午を意味しています』
・『「午後」よりも「午后」の方が、画数が少ないので早く書くことができて便利です』

まとめ

「午后」と関連した語としては、「午後」「午前」「正午」などが挙げられます。

一昔前に書かれた文章などでは、「午后」が使用されているのを目にすることがあります。

ですが、現在は「午后」ではなく、「午後」の漢字を用いるようになっていて、正式な文書では「午後」を使っています。

「午后」「ごこ」ではなく、「ごご」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました