「反射」の読み方と意味とは?「はんしゃ」と「はんい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「反射」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「反射」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「反射」の正しい読み方は「はんしゃ」と「はんい」どちら

「反射」「はんしゃ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「反」の音読みは「はん・ほん・たん」、訓読みは「そ(る)・そ(らす)・かえ(る)・かえ(す)・ そむ(く)」「射」の音読みは「しゃ・せき・や」、訓読みは「い(る)・う(つ)・さ(す)・あ(てる)」です。

「反射」と表記する場合「はんい」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「反射」の正しい読み方は「はんしゃ」です。

「はんい」とは読みません。

「反射」の意味

「反射」の意味は「光や音などの波動が進んでいる時に、障害となるものに当たって向きを変え、元の位置に戻ってくること」「外部からの刺激により身体に生じた興奮が、脳で認識する前に特定の運動を生じること」という意味です。

「反」「はねかえる」「ひっくり返る」「逆のことをする」という意味、「射」「矢や弾を発する」から転じて「勢いよく発する」という意味、「反射」「勢いよく発したものがはねかえること」になります。

「反射」の言葉の使い方や使われ方

「反射」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『光がガラスに反射してまぶしい』
・『彼は反射的に頭をかばう行動を取った』
・『卓球の選手は反射神経が素晴らしい』

まとめ

今回は「反射」の読み方について紹介しました。

「反射」の正しい読み方は「はんしゃ」で、「はんい」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました