「収量」の読み方と意味とは?「しゅうりょう」と「しゅうおも」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「収量」の読み方と意味とは? 読み方

「収量」農業に関連して使う言葉ですが具体的に何を表しどう読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「収量」の正しい読み方と意味について解説します。

「収量」の正しい読み方は「しゅうりょう」と「しゅうおも」どちら

「収量」の読み方としては「しゅうりょう」「しゅうおも」が候補になります。

「しゅうりょう」「しゅうおも」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「収量」の正しい読み方は「しゅうりょう」です。

「収」「収納」【しゅうのう】「撤収」【てっしゅう】など「しゅう」と読みます。

「量」「裁量」【さいりょう】「計量」【けいりょう】など「りょう」と読みます。

それぞれの読み方を組み合わせた「しゅうりょう」「収量」の正しい読み方です。

「収量」の意味

「収量」とは、「収穫した農作物などの分量」を指す言葉です。

土地で野菜などの作物を育ててとることを「収穫」といいます。

「収量」は収穫の分量を指し「収穫量」とほぼ同じ意味で使われていますが、育てた作物以外のものに対して使うこともあります。

山に生えている天然の山菜や木の実などは人が育てているわけではありませんがとれた容量を表す言葉は「収量」です。

土壌改良や優秀な肥料などを使い単位面積あたりからとれる農作物の量が増えると「収量」は増加し、不作で出来が悪ければ「収量」は低下します。

「収量」の言葉の使い方や使われ方

・『収量を増やすため研究を重ねる』
・『家族全員で食べるのに十分な収量だ』
・『農薬を使わないと収量は激減する』

まとめ

「収量」の読み方は「しゅうりょう」が正しく「しゅうおも」ではありません。

農業関係でよく使う言葉なので正しい意味と読み方を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました