「君臨」の読み方と意味とは?「くんりん」と「きみりん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「君臨」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「君臨」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「君臨」の正しい読み方は「くんりん」と「きみりん」どちら

「君臨」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「君」の漢字の音読みは「クン」で、訓読みは「きみ」です。

また「臨」の漢字の音読みは「リン」で、訓読みは「のぞ(む)」です。

従って、ここから二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「くんりん」と読めることが分かります。

また、訓読み+音読みで繋いで、いわゆる湯桶読みすれば、「きみりん」と読める可能性があることも分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいのかは、ここから知ることは出来ません。

さて、「君臨」の正しい読み方は「くんりん」「きみりん」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「君臨」の正しい読み方は「くんりん」で、「きみりん」と読むのは間違いです。

この熟語においては、少し特殊な湯桶読みではなく、ごく一般的な音読みを重ねた読み方の方が正しいと言うことです。

「君臨」の意味

「君臨」とは、「主君として国家を統治すること」を意味する言葉です。

また、ここから転じて「強大な力を持って、ある分野を支配すること」等にも使われる言葉です。

「君臨」の言葉の使い方や使われ方

・『イギリスの国王や、日本の天皇陛下などは、統合の象徴であり、その存在は君臨すれど統治せずと言われています』
・『彼は、この業界に君臨するドンとして知られています』

まとめ

「君臨」の正しい読み方は「くんりん」で、「きみりん」と読むのは間違いです。

また、この「君臨」とは、「主君として国家を統治すること」及び、ここから転じて「強大な力を持って、ある分野を支配すること」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました