「外延」の読み方と意味とは?「がいえん」と「そとえん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「外延」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「外延」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「外延」の正しい読み方は「がいえん」と「そとえん」どちら

「外」は訓読みでは「そと」「外(はず)す」「ほか」「と」と読み、音読みでは「がい」「げ」「うい」と読む漢字です。

そして、「延」という漢字は訓読みでは「延(の)びる」「延(ひ)く」「延(は)え」と読み、音読みでは「えん」と読みます。

「外延」の場合、「外」「延」それぞれに音読みを当て、「がいえん」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「外延」の正しい読み方は「がいえん」になります。

「外延」の意味

「外延」「論理学において、概念が適用される物事において、全体や集合のこと」を意味する言葉です。

例として、金属という概念の「外延」は金や銀、銅や鉄など全ての金属のことを指します。

惑星という概念の「外延」は地球、火星、金星、木星、水星など全ての惑星のことを指します。

ちなみに、「外延」の対義語は「内部にこもっていること」「論理学において、概念が適用される物事に共通な性質の集合」を意味する「内包(ないほう)」です。

「外」という漢字には「そとがわ」「よそ」「ほか」という意味のほか、「外れる」「除く」「遠ざける」「正式ではない」などの意味が含まれています。

そして、「延」「のばす」「ひろがる」「ひく」「まねく」「のべ」「同一のものの重複を含めて数えること」という意味が含まれる漢字です。

「外延」の言葉の使い方や使われ方

・『理論を立てる前に、その物事における外延と内包を再確認する必要がある』

まとめ

「外延」の正しい読み方は「がいえん」になります。

「外延」「論理学において、概念が適用される物事において、全体や集合のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました