「婦警」の読み方と意味とは?「ふけい」と「ぷけい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「婦警」の読み方と意味とは? 読み方

「婦警」は特定の警察官を指す言葉です。

具体的にどのような警察官のことで何と読めばいいのでしょうか。

今回は、「婦警」の正しい読み方と意味について解説します。

「婦警」の正しい読み方は「ふけい」と「ぷけい」どちら

「婦警」という言葉の読み方を漢字の読みを当てはめて推察すると「ふけい」「ぷけい」の2つが候補になります。

「ふけい」「ぷけい」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「婦警」の正しい読み方は「ふけい」です。

「婦」には「婦人」【ふじん】「主婦」【しゅふ】など「ふ」という読み方と、「妊婦」【にんぷ】「新婦」【しんぷ】など「ぷ」という読み方があります。

「警」「警戒」【けいかい】「夜警」【やけい】など「けい」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「ふけい」「ぷけい」のうち「婦警」の正しい読み方は「ふけい」です。

「婦警」の意味

「婦警」とは、「婦人警察官」の略語で「女性の警察官」を指す言葉です。

警察組織に所属し治安維持などの任務を担当する警察官のうち性別が女性の人を指します。

かつては危険を伴う仕事とされたこともあり人数が多くありませんでしたが、現在では女性の社会進出や警察業務の多様化もあり人数は増えています。

女性の警察官には「婦警」という呼び方があるのに対し男性の警察官のみを指す言葉はありません。

「婦警」の言葉の使い方や使われ方

・『婦警が駐車違反を取り締まっている』
・『婦警のみで構成された機動隊』
・『女性の身体検査は婦警が行う』

まとめ

「婦警」の読み方は「ふけい」が正しく「ぷけい」という読み方はありません。

難しい言葉ではないので正しい意味と読み方を知っておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました